BACK>
@ A B C
Exterior

@、デッキ上層部をワンオフ製作した艇です。
 オーナーの意向を1つでも多く取り入れ、ボートビルダーとして良し悪しを説明しながら建造した一艇です。
A、簡単に艇のイメージをコントロール出来るカラーハルにも対応いたします。
 コンピューターグラフィックを使ってイメージを造り出す事も可能です。
B、こういった特殊なカスタムも必要であれば実施いたします。
C、エンクロージャー作成もお任せ下さい。
@ A B C
Interior

@、全体的に直線を基調にしたデザインにアレンジしました。
 自社にてイメージ図面を作成し、造船所との打ち合わせ後建造に入ります。
A、写真@のギャレー。
B、
木の素材、ファブリック、テーブルを変更しただけでイメージが変わります。
C、写真Bのギャレー部。
@ A B C
Ship yard

@、フロントウィンドを貼る前で、内装の壁、バルクヘッドなどが入っています。
A、外部は磨き上げ作業、内部は塗装中の様子。
B、
縦横に入る補強の分厚さが強固な艇の証です。。
C、造船所からコンテナ船に乗った新艇を、大阪南港にて荷受けする時の様子。